あなたなら、どっちを選ぶ?
ホンダ「インサイト」
トヨタ「プリウス」
ホンダ「インサイト」 のコメント

ハイブリットで一括りにされてますけど、見れば見るほど別の種類の車ですよね。
モーターとエンジンの使用比率も違うし、性格やインテリアも全く違うので、燃費や性能よりも好みで分かれる車種。
共通してお願いしたいのは後方視界の悪さの改善!!モーターの位置や空力性能と言われても危険すぎる!!

(遥)
ホンダ「インサイト」 のコメント

インサイトは乗りたい意欲をかき立てる、そして乗って楽しい車。スタイルも良いし足回りもしっかりしている。すばらしいと思います。

(YH)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ホンダで1、2を争うブサイク顔を持つインサイト。
ホンダにも他の車はカッコいいのが結構あるのになぁ。
いくら燃費良くてもこれじゃあ…。
僕の正直な意見です。

(オチキ)
ホンダ「インサイト」 のコメント

インサイトはとにかくかっこ悪い(--;)
あの外見だけなんとかしてくれればいいのだが…。
所有していること自体がみっともない

(匿名)
ホンダ「インサイト」 のコメント

自分はエコカー乗りではないので、お恥ずかしい所ではありますが、今回の戦略インサイトに分があるのではと思います。
実用燃費をコストを高めてまで追求するのではなく、価格を安くし、低燃費車の比率を上げることで全体的なCO2削減を狙う。
素敵な、アイディアだと思います。

しかし、それだけでは終わらないと私は思ってます。
ホンダの本当の目標は「カローラ潰し」これではないかと…値段的にも近い所にありますしね。

プリウスが対抗して廉価版出すことになったようですが、これも結果的にカローラとのバッティングを引き起こすでしょう。

「日本の国民車」の地位を引きずり落とす。
そこに、fitを押し込む。
これが本当のホンダの狙いではないかと私は思います。

先駆者であり、コストもかけているプリウスの方が良いのは当たり前。
でも、動きが今まで乗ってきた普通のガソリンエンジン車との違和感がないのが売りのインサイト。
価格差とフィーリング、質感この差が両車の売れ行きに繋がるでしょうね。

今回は、単品(プリウス)での燃費訴求つまり戦術で勝負するよりも、ハイブリッド車の普及(インサイト)でのトータルでのCO2削減つまり戦略的に勝負したインサイトに一票ですね。

(tonbo)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ガソリン節約以前に、車のライフサイクルコスト考えれば、車両本体価格の点でプリウスは選考外です。

(トラ猫)
ホンダ「インサイト」 のコメント

頑張れ。
質のわからないホンダ信者たち!!

(ポンタ)
ホンダ「インサイト」 のコメント

三年前にプリウス購入したが燃費が非常に悪い!中央高速でL23km 保土ヶ谷バイパスだとL12〜13km最低な車だ、詐欺車だ、20000キロ位で売却した。ディラーやトヨタ本社にクレームなどしたが埒が明かない。トヨタ社は最低だ、

(ロータリー)
ホンダ「インサイト」 のコメント

実写を見た。試乗を求めたが混んでいるから・・・。後での一言がない。注目されて慢心か?
プリウスと車格が全く違う。ホイールベースも大幅に短く、ドアも外から叩くとペコンと安っぽい音を出す。ディザインもどう抗弁しても似すぎ。
さらにホンダ品質の懸念。
安物買いの・・・にならなければよいが。

(f-dragon)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ホンダもスヌーピーも大好きなので、インサイトに一票!ちょっとお金に余裕ができたら、軽じゃなくてこれを買うと思います。エコの意識が高まっている中、手の届く値段設定は本当に魅力的ですよね。

(タントかな)
ホンダ「インサイト」 のコメント

安い、軽い、カッコイイ、5ナンバーで、小回りが利く。トヨタは、何でもワイドボディにし過ぎているので、買う気にはならない。

(草花のコンドル)
ホンダ「インサイト」 のコメント

空力デザインによるスタイル、プリウスと似ているのではなく、これが究極の空力デザインだと思います。つまり、今後発表される空力デザイン重視のクルマは、プリウスやインサイトに似ていて当然では。空力デザイン重視のクルマの見本みたいなものなのだと思ってます。

(あんぱんまん)
ホンダ「インサイト」 のコメント

天下のTOYOTAの造ったハイブリットであるからプリウスの方が性能が良いかもしれない。しかし、CMでも訴えている様にエコカーは一部の金持ちが乗るだけでは大した効果はないだろう。地球温暖化を真剣に考えるのであればインサイトの様に誰でも手が届く価格帯でのアプローチの賛を送りたい。インサイトのフロントデザインはこれからのHONNDA車の定番と成るであろう。水素で動く車のデザインがそれである様に。

(Jin)
ホンダ「インサイト」 のコメント

インサイトなら手が届く!
プリウスより精悍な顔

(インサイコ)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ホンダ=低価格車

(匿名)
ホンダ「インサイト」 のコメント

洗練されたスタイリッシュなフォルムで、Hondaのインサイトが、アドバンテージがあると確信します。
TOYOTAもHondaもクリーンモビリティーの開発に力を入れているTOP企業ですが、結果生み出される商品に、こんなに違いが出てくる事は、お互いに技術力のある世界に誇れる企業だと感じました。これからも環境改善に大きく貢献出来るように頑張ってほしいです。

(ryoutu)
ホンダ「インサイト」 のコメント

カタログ燃費に注目して購入を決めない方が良い車の例。
実際に乗ってインサイトのすごさが分かった。

(赤いハイブリッド)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ホンダは車を軽くして、自然給気エンジンで走るところがいい。対してトヨタは何でもかんでもターボ。目だった技術力もなく、まったく魅力を感じない。

(守谷 一三)
ホンダ「インサイト」 のコメント

どちらも乗ったことが無いですが、外観に関してはインサイトは初代インサイトを引き継ぎ、FCXクラリティの要素を取り入れています。2代目プリウスに似ていると言うよりは、逆に2代目プリウスが初代インサイトを真似たのでは・・・?あとは他の方も書かれているように空理気的な要因かと。
ハイブリッドシステムではプリウス。しかし、カタログ値より実用燃費重視らしいので、そこでの比較が知りたいですね。

(グリーンマシン001)
ホンダ「インサイト」 のコメント

無条件でホンダ!

(太田 順一)
ホンダ「インサイト」 のコメント

インサイトはプリウスに似ていると言割れますが、実車を見た感じはCRX(2代目)に似ている感じではないでしょうか。
見た目も引き締まった良い顔しています。
確かに燃費はプリウスでしょうが、見た目と価格ではインサイトでしょう。。

(リッター4.7km)
ホンダ「インサイト」 のコメント

プリウスとインサイトのエクステリア・デザインが似ていると言う意見が多いけれども、燃費を追求すると、同じ形になってしまうのは、メーカーの意思というより、風洞試験が決めてしまうことです。それ以外に目を転じると、やはり、インサイト側がずいぶん頑張っている。つまり、その分、買う人にとってとてもお得な車になっていると思います。

(Pajama)
ホンダ「インサイト」 のコメント

低価格は認めるが、プリウスを意識しすぎ。
試乗した感じでは、フィットの室内の方がはるかに広く感じる。
特にリアシートに座った時は圧迫感を感じました。
現行プリウスもそれを感じます。
がからこそ、プリウスのデザインを真似る必要は無かったと思います。
フィットにハイブリッドシステムを積んでいたら、最高だったけど・・・
価格も189万と聞くと安く感じますが、ラジオもCDも付いていません。
排気量が1340ccのインサイトと1500ccのプリウスの233万を比べると、それほど割安感は感じないように思います。

(ハイブリッコ)
ホンダ「インサイト」 のコメント

フィット同様に台当たりの収益はかなり少ないであろう事は容易に想像がつきますが、ハイブリッドの普及という信念に基づいて超低価格での販売を断行したという偉業を認めない理由がありません。頑張れホンダ!

(次男坊)
ホンダ「インサイト」 のコメント

5ナンバーサイズでありながら、中の空間はかなり広そう。また、このご時世に189万円〜の価格設定はよく決断したと思う。

(jully)
ホンダ「インサイト」 のコメント

モデルチェンジのたびに肥大化する潮流の中で、扱いやすい5ナンバーサイズを死守したことに敬意を表する。

(左右翼)
ホンダ「インサイト」 のコメント

ホンダならではの技術と造り

(ebisu)
ホンダ「インサイト」 のコメント

 先駆者としてのプリウスの功績は評価する。しかし、いかに画期的な発明とはいえ、大衆に普及してこそ価値があると考える。その意味で200万円を切るハイブリッドカーとしてのインサイトとそれを売り出したホンダは偉いと思う。

(ワゴニスト)
トヨタ「プリウス」 のコメント

 両方とも形が良く似ている。「プリウス」の方が値段は少し高いが、燃費が良いので
選んだ。

(Hiroshi Nowara)
トヨタ「プリウス」 のコメント

スポーツカー乗りです。
自分の現車はほぼフルオプションで、BOSEの9スピーカーサラウンドシステム、レザーシート、フルエアロなど内外装に非常にこだわってます。
ただし、燃費がかなり悪い(8km位)なので、この度ハイブリッドも検討してみようかなと。
だけど、インサイトにはレザーパッケージがない!スピーカーも4つって軽じゃないんだから(普通はそうなのかな?)
しかも実用燃費が18km位?
買い換え費用元取るのにいくら走らないといけないんでしょう。
まだ、現車のローンも残ってるので、試算したら約20万km!
だめですねこりゃ。
その点はプリウスも一緒。
元とる距離は本体価格が高いので一緒。
一度レザーシート使ったら普通の布シートには戻れませんw
おとなしく現車のローン返して、新型プリウス観察して、良かったら中古探します…

(最速のぽち)
トヨタ「プリウス」 のコメント

両車共に試乗経験はありません。
シビックハイブリッドと初期型プリウスならありますが。
両車共に力強くはありませんが、スムースな走りは共通してるかな?
シビックもアイドリングストップからのスタートもスムースに行きますしね。
ただ、一回だけ、再始動時にびびりと軽く振動が車体を走りました。
同じシステムを積む、インサイトも同じようでしょう。
ただ、あれだけ大きくなりながらも重量1200kg台に抑えているプリウスは立派。
新型がどうなるのかな?
もはや上級グレードだと一般庶民の気軽に買える値段ではないだろうけど、(ガソリン価格の影響で、燃費で取り戻すのはほぼ無理でしょう)それだけの価値があるかどうか?
現行プリウスが、生産にかかるCO2を吸収するのに必要な走行距離は約7万kmと言われてます。
自分がエコカー乗りだと言って胸を張ってもあんまり意味ないんですね。特にサンデードライバーなどの走行距離が少ない人、しょっちゅう車を買い替える人達はね。
さて、インサイト。
こちらは、低価格、つまりそれだけローコストで生産できる=製造に必要なCO2がすくない。と想像します。CO2の償却走行距離はどれほどのものでしょうか?

走りがエコなら生産もエコじゃなくちゃね。意味がないと私は考えます。
まあ、その点、エコ運転を誘導するシステム積んでるのは良いアイディアですね。少しでも早く償却できますから。
ただしね、だからといって必要以上に交通の妨げとなる位のドライブはいかがなものかと思います。自分が良くてもそれじゃダメですから車社会としては。
そういう極端な運転を指導するようなシステムでなければいいのですがいかがなものでしょうね。
そして次に問題となってくるのはデザイン、質感。
プリウスは、まあ、次期モデルとして話しをすれば、現行より明らかに垢抜けたデザインになりましたね。かっこいいとは言えないけど。空力要素に縛りがある中で健闘したんじゃないでしょうか。
インサイトは、良くも悪くもホンダのデザインですね。局面をあまり使わず線と面の力強さで構成されてます。
トータルでは外面デザイン評価はインサイトかな?
でも最も重要なのが内装。
インパネ周りの操作感、(質感ではないよ)シートの出来。
これらは、常に体が触れる所であり、特にシートポジション、これがロングドライブの疲労に直結します。
自分は身長175cm位、足長めなので、ステアリングとシートのポジション合わせが上手くいかないと体重をお尻と腰に分散できずにもろに垂直に体重かかるので疲れます。
後席も同様。背もたれが起きていると同様の現象が起き、また、十分な床と座面の高さが確保できていないと膝が浮き、これも辛いですね。
ここらあたりは試乗で確かめるしかないんで残念です。

さて、走り。
今までの常識で捉えるとインサイトに分があるように思えますが、レポートなどを見る限り、足回りはもうちょっと煮詰めが足りないよう。
ホンダらしく、楽しく走って、さらにエコとなるよう、改良に期待しましょう。
次期プリウスは破綻なくサーキットも攻められるとのことですので、また、ホンダと比べると比較的柔軟な足を好むトヨタですから期待していいんじゃないでしょうか。

結局、推論の域を出ない(新型プリウスが試乗できないんだからしょうがない)ですが、価格差に見合った商品力を新型プリウスが持っているか。
首を長くして待つしかないですね。
個人的に今どちらを買う?と聞かれれば、両車共にNOです。(笑)
なぜなら、今開発中のFITのハイブリッドにも興味津々ですから。

(dotti?)
トヨタ「プリウス」 のコメント

感じ方は人それぞれだがインサイトは率直に走らない。
co2削減や燃費の為にあそこまで我慢しろというのか?
自動車ですから運転にストレスを感じる車は商品としてナンセンスです。
システムが違えどインサイトがハイブリット車と言うのであれば比べてしまうのは普通ですからね。
ここは十分なパワーを兼ね備えたプリウスに一票!

(agent14)
トヨタ「プリウス」 のコメント

そもそも、この2台をライバルとして比較するのがナンセンス。
まるきり車格の違う2台です。
比べるならシビックのハイブリッドかな?
インサイトを押す方の中には、低価格に設定したホンダの心意気を書かれている方がみえますが、初代プリウスの215万円より利幅は大きいはずです。
社会に受け入れてもらえるかも分からず、売れれば赤字と言われる中でハイブリッドカーの道筋を開いてきたプリウスの功績は偉大だと思います。

初代プリウスの発売から12年。
システムのパテントが切れ、他のメーカーからも同じシステムのハイブリッドカーが次々と発表されると思います。
でもプリウスはそれらの車の10年先を走り続けています。

(匿名)
トヨタ「プリウス」 のコメント

新型プリウスが出ると、ホンダは大変なことになるでしょうね(笑)
今の販売台数の差が一気に広がることは間違いないでしょう。
インサイトはまったく必要のないものになります。

(susu)
トヨタ「プリウス」 のコメント

そもそもこのアンケートは、誰が見ても判るとおり、やらせ票が多いんですよ。

(匿名)
トヨタ「プリウス」 のコメント

販売台数はプリウスのほうが圧倒的に多い。
性能の差です。
インサイト側は同じ人が連続投稿しているのでしょうね(笑)

(dii)
トヨタ「プリウス」 のコメント

長く乗るのにホンダは適さない。

(aki)
トヨタ「プリウス」 のコメント

ハイブリッド車比較、「プリウス」支持78%、「インサイト」22%、ネットエイジア調査2009年03月24日
ネットエイジアのアンケート調査によると、トヨタ自動車のハイブリッド自動車「プリウス」と本田技研工業(ホンダ)「インサイト」を比べた場合、プリウスの方が好きという人が78%と圧倒的に多く、インサイトは22%だった。

(a)
トヨタ「プリウス」 のコメント

インサイト、プリウスに似ていると言われてますが、2代目プリウスデビュー時はCR-X(バラードスポーツも含めて)に似ていると思いました。
似たような要求性能を考えると「ある程度」は似てしまうのはいたし方ないと思います。
空力必須な飛行機を見てみると納得するかも?
両車共にメーカー考証値なりのバッテリー寿命とバッテリー価格も考えてから購入するかどうか考えたいですね。
当然エコ目当てで購入される方は長期間使用するつもりですよね?

(ほんだもとよたも┐(´ー`)┌)
トヨタ「プリウス」 のコメント

所詮、車格の異なる2台を比べること自体、意味がない。そのあたりが理解出来ず、やたらにプリウスを攻撃してははしゃぎまわっている福井さんがお辞めになることで、ホンダもようやく本田宗一郎の創業精神に立ち返ることができるというものです。

(ホンダに塩を送りたい)
トヨタ「プリウス」 のコメント

http://allabout.co.jp/auto/japanesecar/closeup/CU20090219A/index2.htm

11万円の差ならプリウスにします。

(匿名)
トヨタ「プリウス」 のコメント

「電動アシスト自動車」にしか過ぎないインサイトに比べ,より電気自動車に近いプリウス。メカニズム的には,プリウスのほうが先に行ってると見ます。
ベースも,フィットとカローラ?その差も大きい。

(akioika)
トヨタ「プリウス」 のコメント

次の型のプリウスとインサイトならプリウスに一票!!
ナビ・オーディオなしで189万って言われても・・・。同じものを装備すれば結局プリウスがお得ですよね〜。
燃費差でも元取れそうだし・・・。

それと、ホンダは最近、同じ顔ばかりですね。あのデザイン品が無いように思います。

(匿名)
トヨタ「プリウス」 のコメント

ホンダならではの造りと価格

(daikoku)
トヨタ「プリウス」 のコメント

ハイブリット同士でも、まったくシステムが違いすぎるので比べようがありませんが、性能で言えば断然プリウスがお得でしょう。
でもインサイトのあのデザインは2番煎じの割りにどうにかならなかったのでしょうか?

(ABC)
  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

コメント

車種
name
E-mail
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録