今週の相談

タンク内のサビを防ぐには?

ぶたまんさん ヤマハVMAX
どこかのホームページで「VMAXのタンクはサビやすい」という記事を読んだ記憶 があり、梅雨に入って気になって仕方ありません。ガソリンスタンドや用品ショッ プで「水抜き剤」というものが売っていますが、効果はあるのでしょうか?また、 タンク内のサビを防ぐための注意事項があれば教えてください。
安藤先生の答え

なぜタンクの中に水が溜まるの?

タンクの内側がサビる原因はズバリ、タンクの中に溜まった「水」です。
では、なぜタンクの中に水が溜まるのでしょうか?

まず、タンクキャップのシールが劣化して、雨水や洗車の水が入る可能性があり ます。
また、給油の際に横殴りの雨が入ってしまうこともあります。

しかし、そういった直接の要因がなくても、タンクの中には水が溜まってしまう んです。

その原因は、空気中に含まれる「水蒸気」。

タンク内のガソリンが減ってくると、その分、空気が入りますね。
その空気に含まれた水蒸気が、夜間の冷え込みなどでタンクの内壁に結露し、
少しずつ溜まっていくんです。

しかしながら、この結露による水の混入はごくごくわずかな量。
地域や駐車環境によりますが、2〜3年で数ccというレベルでしょうか。
少なくとも、2年や3年で水が直接キャブレターに流れて不調を招くようなことはありません。

とは言え、水が混入しているのは気分のいいものではありませんし、
長い目で見るとサビの原因になります。
抜けるものなら抜きたい、というのがオーナーの心理でしょう。


水抜き剤は1年に1回で十分

タンクをバイクから取り外してフューエルコックを外せば、水は完全に抜き取れます。
ですが、あまり現実的ではありません。

そこで登場するのが、質問にもある「水抜き剤」です。

写真を見るとイメージできるかと思いますが、ガソリンの中に混入した水は玉状に なってタンクの底を転がっていてます。
絶対にガソリンに混ざることはありません。

そこに水抜き剤を入れると、主成分の「アルコール」と「水」が結びつき、 細かな粒状になってガソリンの中に浮遊するようになります。


こうして徐々に水分がキャブレターに送られ、
「最終的には無くなる」というのが基本的な作用です。

「水抜き剤」にはタンクに溜まった水を抜く働きは、確かにあります。

ただし、多くの製品がクルマ用で、50〜70リッターのタンクに1本入れることを想定しているので、入れすぎないことが大切です。

また、混入している水の量も少ないですから、1年に1回入れれば十分でしょう。


水の混入を防ぐには?

次に、タンクに水を溜めないための工夫ですが、
いつもガソリンが満タンに近い状態を保つだけでかなり効果があります。
要するに空気が入る隙間をなくしてしまうわけですね。

特に湿度の高い梅雨から夏にかけてと、夜間の冷え込みが厳しい冬場は、
ガソリンが減った状態で長く置かないように注意しましょう。

最後に「VMAXのタンクがサビやすい」という話。
私自身は「VMAX」を所有して長く付き合ったことが無いので正確なことは言えませんが、
知り合いのオーナーからはそういった話は聞いたことがありません。

仮にサビやすいとしても、水を混入させないように心がけたうえで、
水抜き剤を効果的に使えばサビは防げます。

頑張ってみてください。

今回の処方箋
ガソリン満タンを心がけることでタンクへの水の混入はかなり抑えられる
水抜き剤は確かに効くが、入れ過ぎに注意
結露による水の混入だけなら1年に1回の使用で十分
  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!
トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL
コメント

タイ滞在中ですが、ガソホールを使うと水が溜まりやすいのでしょうか?

2009年02月06日 16:15 | jan

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

回答者
安藤佳正

安藤佳正

プロフィール

元MFJロードレース国内A級 国家三級二輪整備士

月刊「オートバイ」を中心に20年以上のキャリアを持つバイクジャーナリスト。
特にメカニズムやメンテナンス、チューニングを得意分野とし、それに付随す るパーツや工具、ケミカルにも精通。 パーソナルHP「and-power.com」を運営。