エンジン停止後のパワーウインドウ開閉はバッテリーに負担?

駐車中にパワーウインドウやサンルーフを閉める時には、エンジンをかけてから閉めています。最近の車では、エンジン停止後に10秒程度はパワーウインドウの操作が可能になっていますが、バッテリーへの負担は大丈夫なのでしょうか?また、「開閉のためだけ」のエンジン始動は、バッテリーへの負荷や寿命
の面、始動で消費されるガソリンの量などを考えるとどうなのでしょうか。

(crest_crest)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

miyaDさんの答え

エンジン停止中にパワーウインドウを動かすことが、
バッテリーに悪影響を与えないかというご質問ですね。

単刀直入に申し上げて、停止後10秒程度であれば全く問題ありません。
逆に、そのためにエンジンをかけるというのは良くありません。

これはエンジンを止めてすぐだからということではなく、
10秒という時間が短いからということです。

10秒間に何度か上下させ続けたとしても、使われる電気はたかが知れています。

それに比べてスタータモーターを回すための電気の消費量は、
比べ物にならないほど大きなものです。

セルモーターはそれによって車を動かすことができるほど、
大きな力を発生するモーターなんです。

昔、マニュアル車全盛の頃は、教習所の教本に踏み切りでエンコしたときの脱出方法としてローギヤかバックギヤに入れたまま(クラッチを踏まずに)セルモーターを使うように書いてあったほどです。

その分消費電力も大きいわけですね。

エンジンをかけてから窓やサンルーフを閉めるのではなく、
エンジンを止める前に窓やサンルーフを閉めるというのがよろしいのではないでしょうか?

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
プロが教える=自分で出来るクルマのメンテ

クルマいじりのツボお教えします。プロ整備士による、自動車のメンテナンスを楽しむ人のためのメルマガです。洗車やワックスのかけ方から、古い車と上手に付き合う方法などもご紹介しています。