渋滞のスマートな切り抜け方は?

渋滞中に気をつけることってありますか?右車線に行ったり左車線に行ったりし ている車もありますが…。スマートに切り抜けられる方法や、車内で快適に過ご せる方法があれば教えて下さい!

(しうる)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

すでにお盆に入ってしまいましたが、
お盆の最初と最後は特に渋滞が多くなる時期です。

急いでいるときはもちろんですが、急いでいなくても、
長時間の渋滞となると苦痛です。

全く動かない渋滞であれば、ギアをパーキングに入れたり、
サイドブレーキをかけて、休息を取ることも可能です。

しかし、少しずつ進むような渋滞だと、目を前からそらすこともできず、
アクセルとブレーキという神経を使う操作を繰り返すことになります。

実は、この少しずつ進む渋滞、それもほとんど停止はしないけれど、
時速10キロメートル前後でダラダラと続く渋滞時に事故が多いのです。

行楽地からの帰りなど、疲労がピークに達しているときの渋滞では、
集中力は間違いなく低下しています。

車間距離が短くなっている渋滞時では、ちょっとした脇見や、前を向いていても ボーっとした状態で運転していると、追突事故を起こしてしまいます。

同乗者の個々の事情も当然あるでしょうが、
ドライバーの疲労状況を最優先に考えるようにしましょう。

渋滞に巻き込まれることが明白であれば、
渋滞に突入する前に休憩を取ることも必要です。

「ただでさえ渋滞なのだから、休憩なんて取ってる時間はない!」
という人がいますが、長距離運転や長時間運転では、
数分の休憩でもその後の運転の集中力は数段高くなります。

「どっちみち渋滞なんだから、10分くらいの休憩を取ってもそう変わらない!」
というふうに考えて、無事に目的地へ着くことを最優先に考えましょう。


また、質問者さんのおっしゃるように、
2車線道路での渋滞中に、走行車線や追越車線を行ったり来たりと、
車線変更を繰り返しているドライバーを見かけます。

その効果は、ほとんど無いと言っていいでしょう。

車線変更は、その運転操作だけを取っても、事故の可能性を高めてしまいます。
必要のない車線変更をしたために事故を起こして、
事故処理に1〜2時間も取られては目も当てられません。


また、渋滞が解消して流れ始めたときも要注意です。

つい、渋滞はもう抜けたと思い、
前がかりになって車間距離を詰めたまま加速してしまいがちです。

そんなときに、再び渋滞が始まることがあります。

渋滞を抜けたと信じ込んだ矢先のことで、前の車もみな慌てて急ブレーキを踏む ので、非常に危険な状況に陥ります。

渋滞を抜けたと思っても、しばらくは疑ってかかり、
車間距離を多めに取りましょう。


最後になりますが、渋滞に巻き込まれたら、ジタバタせずに腹をくくってしまう のが、運転操作にも精神的にも一番いいのではないでしょうか。

たとえ他の同乗者が全員寝息を立てていたとしても、到着の早い遅いではなく、
無事に目的地に辿り着くことがドライバーとしての最大の目的なのです。

あなたがそのような運転をしてくれることを信じているからこそ、
同乗者はあなたに命を預けて熟睡しているのですよ。

渋滞にイライラせず、安全を最優先に考えて、
帰省や行楽を楽しんでくださいね。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!