ウインカーを出さない人が多すぎる!

関西に住んでいますが、一般道路や商業施設などの駐車場から出る際などで、ウインカー(方向指示器)を出さない人があまりに多いと思います!また、右左折の前に車線変更をする際にでも、ギリギリまで出さないか、もしくは出すと損をするとでも思っているのか、出さずにそのまま曲がっていく人が目立ちます。恐らく関東や他の地方ではそんな事は無いのでしょうね!?正直、関西人として恥ずかしいです!

(安全通行助け太郎)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

最近地域を問わず、
ウインカー(方向指示器)を出さないドライバーが増加しているように思います。

実際の事故としては、
・左折時にウインカーを出さなかったために、左側を走行していた自転車やバイクを巻き込む
・道路脇の店舗に右折する際に、ウインカーを出さずにいきなり右折を開始したために対向直進車両と衝突する
・片側2車線以上の道路での車線進路変更時に、ウインカーを出さなかったために衝突する
などが挙げられます。

そして、ドライバーがウインカーを出さない主な理由は、
・とっさに右左折や車線変更をしたくなったため
・周りに車両がいないときには意味がないから出さない
・携帯電話で片手がふさがっていたため
・とりあえずピカッと1回だけ出すようにしている
・基本的にウインカーを出す習慣がない
などのようです。

また事故に至らなくても、車線変更時にウインカーを出さずに前に割り込まれたドライバーが腹を立てて、その後トラブルに発展するというケースも増えています。

確かにウインカーを出さずにスーッと目の前に車線変更されると、
気分が悪いものです。

ですから、自分はウインカーを出して相手に不快な思いをさせないようにし、
逆に自分がされた場合には大きな心でグッと我慢するようにしましょう。

ウインカーはドライバーの意思表示を、
前もって周囲のドライバーや歩行者に知らせるものです。

また、周囲に車両や歩行者がいないときには出さないというドライバーが非常に多いのですが、ひょっとすると自分は気付いていないだけで、ミラーの死角に走行している車両がいるかもしれないのです。

周囲への気遣いがあり、習慣になっていれば、
周囲に人や車両がいるとかいないとか考える前に操作してしまうものです。

誰にも見られていないウインカー、いいじゃないですか。

それがあなたやあなたの大切な同乗者を、
事故やトラブルから守ってくれるのですから。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

全ての車にタコグラフ標準装備させて、
定期的に警察の本部端末に送信、免許更新時に結果が跳ね返るシステムなんかにすると
非民瞬主義だの、何だのと暴動勃発。。
ウインカーだした方と反対に膨らむ走行ラインを是正してほしい。そんなに内輪差を把握できていないのか?って思います。会社の車だからってのは理由にならない。

2009年01月11日 21:42 | UDON人

ウインカーを点滅させるということは、自己防衛のためにも必要なことだと考えます。もし前を走っていた車が突然ウインカーも出さずに止まってしまったとき、エッ?と思ったことはないでしょうか?車間距離が近くて追突してしまいそうになるケースもあるかもしれません。
そんなときも、ウインカーがあらかじめ点滅していたら、曲がるのかな?止まるのかな?と事前に察知できるので、その状況にあった行動を取ることができるはずです。逆の立場では、ウインカーを出さなかったために後続車の判断が遅れ追突されるということもないわけです。こうなると、お互いが不幸な結果になってしまいます。人によっては、そのことで頭にきて、あおってきたりする人もいるでしょう。人に迷惑を掛けないようにするためにも、適切な表示を心がけていきましょう。特に、大きな車に乗ってらっしゃる方の中に、何かを勘違いしてる方もお見かけしますので。

2008年09月27日 18:57 | MTが好き

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

»全てのコメントを読む[ 46 ]

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!