カーブの多い道路で上手に走るには?

峠道のようにカーブの多い道路で、自分では早く走っているつもりでも、後方車からあおられることがあります。このような道でのハンドルテクニックや、ブレーキングテクニックをご教授ください。

(jun)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

山間部へドライブに行くと、
避けられないのがカーブの連続した峠道です。

緩やかなカーブの多い峠道なら、
普段の運転をしてもそれほど危険ではありません。

しかし、急カーブが頻繁に続く峠道では、
普段とは異なった運転を求められることになります。

あなたが安全に走行していても、対向車がセンターラインオーバーをしてくることもありますし、カーブに気付くのが遅れたためにガードレールを突き破って谷底へ真っ逆さまに転落することもあります。

ですから、急カーブの頻繁に続く峠道は、
危険な場所であることをしっかり認識することが大切です。

ハンドルテクニックやブレーキングテクニックを習得したい気持ちはわかりますが、習得するために危険を冒すことにもなりかねませんので、基本的にはあなたのためだけではなく、大切な同乗者や、あなたを必要としている方々のためにも、安全を第一に考えた運転を心がけるべきではないでしょうか。

峠道の運転に自信のない人は、後続車両が来た場合には、
路肩の広い場所や待避場所があれば先に行かせましょう。

後続車両にべったりと車間距離を詰められた状況で走行するのは、前方に対する集中力も低下しますし、何よりドライブそのものが楽しくありません。

路肩の広い場所や待避場所がない場合には、そのような場所が出てくるまでは、
後続車両を気にせずにマイペースで前方に集中して走行するべきでしょう。

そして、路肩の広い場所や待避場所が出てきたら、
速やかに後続車両に先を譲りましょう。

また、峠道の運転に自信のない人や、峠道に自信があっても初めて通る峠道の場合には、前に別の車両を走行させて、自分は2台目以降になるようにして走行することをおすすめします。

次にどんなカーブが出てくるのかわからない状態のまま、先頭で走行していると疲れますし、ちょっとしたブレーキングやハンドリングのミスで大事故になってしまいます。

前に走行している車両があれば、
その車両がこの先の道路状況を全てあなたに知らせてくれるのです。

そして、前の車両のドライバーがあなたよりも運転が上手であれば、無理のない程度に、車間距離をしっかり維持しながら、できるだけ離されないようについて行く努力をしてみましょう。

それだけでも、
ハンドルテクニックやブレーキングテクニックの練習になるのではないでしょうか。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

わぁふん!さん私に言っているのかもしれませんが、別に反対車線にはみ出ろとか、右カーブで右の壁すれすれを走れといっているわけじゃないですよ。
私だって前の車がはみ出たりしているのを見ただけで恐くなります。前から不意に対向車が出てきても対応できるのかなとか。

自分の車線内で1メートルないくらいの範囲でアウト・イン・アウトを意識してといっているわけです。
これなら全然自殺行為ではありません。

2008年11月07日 14:04 | ねこじゃらし

一般道でアウトインアウトはやめていただきたい。特に山道では自殺行為です。たまに、勘違いしてやっている人間を見かけますが。
スローなリズムに乗って走りましょう。音楽のリズムじゃないですよ。カーブや、上り下りのリズムです。

2008年11月05日 10:06 | わぁふん!

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

»全てのコメントを読む[ 10 ]

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!