交差点で、同乗者に「いま行けたのに」と言われます…

右折のタイミングが分かりません。以前、交差点内で対向車線の流れを見ながら停止中に、同乗の友人に「いま行けたのに…」などと言われて大変気落ちしたことがあります。それ以来、右折時には後続の運転手がいらだっているのではないかと気を使い、慌てて無理に曲がってしまったりしています。また、同乗者の指摘が苦痛で、誰も乗せることができません。仕事でやむをえずお客様をお乗せする際は、運転しながら会話までしなければならないことに、神経の磨り減るほどの緊張を強いられます。後で気分が悪くなるほどです…。

(Nobu-chan)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

右折のタイミングは、ドライバーによって対向車両の間隔やスピードの感じ方が異なりますし、運転している車両の加速性能なども関係します。

ですので、同乗者に指摘されても、
それほど気にする必要はないのではないでしょうか。

同乗者を乗せている際に最も重要なことは、
無事故で同乗者を目的地へ連れて行くことだと思います。

右ハンドルの自動車で、無理な右折をしてしまったために、
対向車両と衝突してしまった場合を想像してください。

最も危険な座席は、
対向車両が衝突する部分に最も近い助手席や助手席のすぐ後ろの座席です。

つまり、同乗者が助手席に乗っている場合には、衝突した対向車両の先端が助手席ドアにめり込んで同乗者の左半身を直撃しますし、ガラスが頭に降ってくるのです。

同乗者の生命や身体を第一に考えるなら、
無理な右折はドライバーとして絶対に避けなければなりません。

ですから、同乗者に何と言われようと、その同乗者のためにも、右折時に対向車両と衝突しないという確信が持てない限りは、何が何でも右折を開始しないと心に決めましょう。

そして、同乗者には、
そのことをはっきりと宣言しておくべきではないでしょうか?

とかく指摘をしたがる同乗者が多いのは確かですが、
事故にあいたいという同乗者はまずいません。

誰しも痛い思いをするのは嫌ですし、たとえケガがなくとも、警察の事故処理のために長々と付き合わされたり、事故による損傷で自動車が動かなくなって事故現場で途方に暮れても構わないという人もいないでしょう。

まずは同乗者に、安全第一を心がけていることを、
わかってもらうことからスタートしましょう。

運転技術はその次でも良いのではないでしょうか。

安全第一がしっかりと身に付いたら、
スマートな運転技術についても一緒に考えていきましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

誠実な質問者に同感しています。無理な割り込みに周囲の車は急な減速を強いられていることを思うことのできる人が増えてほしいです。

2009年01月17日 23:45 | ライトバン

あなたや、同乗者がどうなろうと知ったことでは有りません。
問題は、そうやってぶつけられた被害者がいるという事です。
もし、後で気分が悪くなるほどとおっしゃるのであれば、運転が出来ないと申し出られては如何でしょうか?

2008年11月13日 13:58 | jack

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

»全てのコメントを読む[ 9 ]

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!