パッシングの意味は?

教習所でパッシングの意味を教えてくれなかった気がするのですが、対向車の場合、先に出ろとかという意味があったりしますよね。他にもパッシングしている人がいたりするので、状況によってどんな意味があるのか教えて下さい。

(mebuki)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

パッシングは公式のルールではないので、
教習所ではその意味を教えてくれないと思います。

パッシングを見かける場面としては、
1)信号交差点で、対向の右折車両や右折待機中の車両に対して合図している
2)この先に警察の取締りがあることを対向車両のドライバーに知らせている
3)昼間にライトが点灯していることを対向車両のドライバーに知らせている
(現在はデイライトを励行している車両が多いので、ほとんどなくなりました)
4)操作ミス(ウインカー操作時など)
5)何かのトラブルで、すぐ前を走行しているドライバーを威嚇している
などではないでしょうか。

その中で事故に発展する可能性が最も高いのは、
(1)の右折車両に対して合図するために行うパッシングです。

ですので、今回は対向右折車両に対するパッシング
に絞って考えていきましょう。

このケースではやっかいなことに、「先に右折せよ!」という意味と、
「自分が先に通過するから、もう少し待て!」という全く逆の2つの意味があります。

「先に右折せよ!」という意味しか認識していないドライバーにとっては、
この場合のパッシングによって非常に危険な状況を招いてしまうことになります。

ですから、「自分が先に通過するから、もう少し待て!」というパッシングがあるということを認識しつつ、その場合にパッシングを出した車両がどのような状況なのかを考えましょう。

遭遇したことがある人は、簡単に思い出せると思います。

A)信号が黄色や赤になったにもかかわらず、停止できないためやむを得ず交差点に進入してしまうドライバーが、対向右折車両のドライバーに対して「停止できなかったので、もう少し右折発進を待ってほしい」というパッシング

B)信号が青色の場合に、見通しが悪く少しずつ様子を伺いながら前進している右折車両のドライバーを制止するためのパッシング

C)信号が青色の場合に、強引に右折をしようと動き始めた車両のドライバーを制止するためのパッシング

などがあります。

(A)〜(B)に共通しているのは、パッシングを出した直進車両が加速をしたか、
もしくはほとんど減速していないということです。

正面からでも、よく見ると明らかに減速したかどうかは見極めができますので、
パッシングをされたら、その車両の動きをしっかり見極めましょう。

それでも実際には、
個々のドライバーがそれぞれの感覚でパッシングを出しています。

たまたま交差点の手前で出したパッシングが上記の(2)〜(5)の場合もありますので、
最終的には状況によって判断するしかありません。

右折を待機中のドライバーとしては、右折をしなければまず事故になることはありませんから、
どうしても判断できない場合は右折をしないで待っていることではないでしょうか。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!