ライト点灯が遅い車両がいる

この頃、夕方、暗くなってもスモールランプすら点けない車が多く気になっています。対向車などでは、すれ違う直前になって気付き、ひやっとすることも多いです。なぜ点けないのでしょうか…。特に女性に多いような気がします。電気代がもったいないと思っているのでしょうか?

(ウイキン)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

秋から冬にかけて、日暮れが早くなり始める時期に、
ライトの点灯が遅い車両をよく見かけます。

しかし最近では、夏場のこの時期でも、
ライトの点灯が遅い車両が目立つような気がします。

晴れた日には18時前後でもまだまだ明るいのですが、
日が暮れ始めると、アッという間に周囲は暗くなります。

少し暗くなり始めたと感じたら、
すぐにライトを点灯するように心がけましょう。

昔は「運転席のメーターが暗くて見づらくなったら、ライトを点灯しましょう」
という基準のようなものがありました。

ですが、最近の車両はメーター自体が電光するものが多く、周囲が暗くなってもメーター類がはっきり見えているので、以前の基準では判断できなくなりました。

夕方はどんどん暗くなるわけですから、
遅かれ早かれライトを点灯することになります。

周囲が暗くなったと感じたら、
積極的にライトを点灯するようにしましょう。

日が暮れ始めた頃で「まだいいかな」という状況だとしても、高架下の狭い道路を通過する際や、木々の繁った場所を通過する際には、ライトを点灯していないと対向車両からの発見が遅れて正面衝突することもあります。

この時期の夕立は、普段ならまだ明るい時間帯でも、
雨雲によって一気に周囲が暗くなります。

また激しい雨になることが多く、
雨しぶきによって見通しがさらに悪くなります。

このような状況でライトを点灯していないと、正面からの車両に発見してもらえないだけではなく、後続車両にも発見してもらえず、非常に危険です。

時間帯や周囲の車両のライト点灯状況を気にせず、周囲が暗い、雨で見通しが悪いと感じたら、真っ先にライトを点灯し、周りのドライバーに自車両の存在をアピールしていきましょう。

そして、あなたが点灯したライトによって、
周りのドライバーもライトを点灯し始めることになるのですから。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!