高速道路でのハイビーム、対向車線はまぶしくないの?

夜間の空いている高速道路をよく走ります。前方車線に車が全くいないような状況では、しばしばハイビームで走っているのですが、これは反対車線の車にとって迷惑なのでしょうか?最近の高速道路は、中央分離帯の植樹や遮光板などが整備されていて、対向車線側のヘッドライトはハイビームといえどもなかなか通らないように見えるのですが、どうなのでしょうか?逆に、対向車線でハイビームの車も、状況にも寄りますがそれほどまぶしい感じはないように思います(坂道などは別ですが)。速度が速いと、ロービームでは近いところしか見られず、不安です。どうすればいいでしょうか?

(JT)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

高速道路では、当然のことながら一般道に比べて高速で走行しますので、
さらに前方の状況を確認しながら運転する必要があります

夜の高速道路で街路灯が設置されていない区間では、場所や時間帯にもよりますが、前方に車両が一台も走行していないと、ロービームでは暗くて直近しか灯されていない状況になります。

これでは、事故で真横を向いて停車している車両や、横転した車両、車外放出された人、
さらには落下物や動物などの発見が遅れてしまい、大事故につながりかねません。

質問者さんの言われるように、最近では中央分離帯の植樹、コンクリート、ガードレール等によって、ハイビームでも対向車線に著しくライトが照射されることはないように思います。

ですので、前方が暗くて見えにくい状況であれば、
ハイビームを使用すべきだと思います。

場所によっては、中央分離帯が低かったり、坂道などでは対向車両運転席にまともに照射してしまうケースもありますので、その場合にはロービームに切り替えるということでよいのではないでしょうか。

もちろん、同一進行方向の前方に車両が確認できる場合にも、
ロービームに切り替えましょう。

夜間の高速道路では、1秒でも早く、1メートルでも手前で、
前方の危険を発見することが事故防止につながります。

周囲の状況を踏まえつつ、
ハイビームを使ってできるだけ前方の危険発見に努めましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!