赤信号でも左折できるレーンの見分け方は?

大きな交差点などで、信号と関係なく左折できるレーンを設けているところがありますが、このレーンと信号に従うべきレーンの区別がつきません。おそらく、これを指示する標識も無いと思います。この赤信号でも左折できるレーン、どうやって見分ければよいのでしょうか?

(penpen)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

大きな交差点では、信号に関係なく左折できる場合があります。
この場合には当然、左折が可能であることが示されています。

そのことを示す標示板は、一方通行の標識に似ていますが、
色が異なり白地に青の「←」が書かれています。

一般的には「左折可の標識」と呼ばれていますが、
正式には「信号に関わらず左折可能であることを示す標示板」という名称です。

正式な名称に説明されているように、この標示板が設置されている交差点では、
対面信号が赤であっても左折することができます。

しかしながら、左折したあとは、
信号交差点で交差する道路に合流する形態がほとんどです。

ですから、左折後の合流の際には右側の車線(本線)を走行している車両が優先となりますので、気をつけて合流しましょう。

また、信号機の下に「←」信号が付いている場合に、
信号そのものは赤でも緑の「←」が点灯していれば、左折することができます。

右折の「→」信号はよく見かけますが、
左折の「←」信号もありますので、しっかり確認しましょう。

通常は右折「→」信号は青黄赤の3色信号機の下のやや右寄りに付いており、
左折「←」信号はやや左寄りに付いています。

ですので、例え矢印信号が点灯していなくても、
どちらの矢印信号なのかは判断がつきます。

「左折可の標識」や「左折←信号」が点灯しているにも関わらず漫然と赤信号に従って停車している車両に対して、激しくクラクションを鳴らしている後続ドライバーをしばしば見かけます。

無用なトラブルに巻き込まれないためにも、「左折可の標識」「左折←信号」
にはよく注意を払って運転するように心がけましょう。

もちろん、左折時には、
歩行者や自転車の巻き込みにも注意してくださいね。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!