クラクションの正しい使い方は?

クラクションって、何のために使うのでしょうか。挨拶だと彼氏は言うけれど、文句をいうためとしか私には思えません。正しいクラクションの使い方を教えて下さい!

(ちち)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

クラクションは基本的に自分の存在を知らせて、
危険を察知してもらうために使うものです。

山中の狭い道路のカーブ手前に設置されていることが多いのですが、
「警笛鳴らせ」という標識があれば、クラクションを鳴らさなければなりません。

また、自車両に気付かず、反対方向に気を奪われたドライバーの車両が近づいてくるなど、
危険防止するためにも使います。

実際には、
(1)知り合いや仲間とすれ違う際に「挨拶」として使う
(2)前車が青信号になっても停止し続けている際に「合図」で使う
(3)道を譲ってもらった際に「お礼」として使う

など、様々な場面で使われているのを耳にします。

ということで、質問者様の質問に対するお答えとしては、
「実際に苦情以外にも様々な使われ方がある」ということになります。

これだけで終わってはもったいないので、
今回はさらに突っ込んで考えたいと思います。

個人的には、次のような見解を持っております。

(1)仲間うちで挨拶代わりに使う気持ちもわからなくはありません。
(2)青信号になっても、何かに夢中になっている前車のドライバーを、
   現実に引き戻すために使うのも仕方がないように思います。
(3)わざわざ自分に道を譲ってくれたドライバーに、
   何のお礼もしないのは失礼のような気がします。

しかしながら、
道路交通法第54条にクラクション(警笛)についての規定があります。

その第1項では、
「車両等の運転者は、道路標識で指定された場所や区間では警音器を鳴らさなければならない」となっております。

また第2項では、
「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならない場合と、危険を防止するためやむを得ないとき以外は、警音器を鳴らしてはならない」となっています。

つまり、先の(1)〜(3)でクラクションを鳴らすことは、
禁止されているのです。

道路交通法で規制されているからという以外にも、
クラクションの使用について注意していただきたいことがあります。

クラクションの音は、当然ではありますが、周囲に響きます。

クラクションの音に反応してほしいドライバーだけではなく、
周囲の多くのドライバーや歩行者にも聞こえるわけです。

そして、クラクションの音は聞いている人にとって、
あまり心地良い音ではありません。

つまり、1回のクラクションが聞いてほしい人以外の多くの人々を、
不快にさせていることも事実なのです。

あなたも運転中に、どこかからクラクションの音が聞こえると、
何らかの反応しているのではないでしょうか?

そして、少なからずクラクションを鳴らしたドライバーに、
反感を覚えるのではないでしょうか?

軽はずみに、長時間「ビーーーー」とクラクションを鳴らすのは、鳴らされたドライバーの感情を逆なでするだけでなく、周囲の多くの人々の反感を買うということです。

深夜の住宅街では、静寂ゆえにそのクラクションの音は昼間の何倍にもなって響き渡り、多くの住民の安眠を妨害することになります。

また、以前にもお伝えしましたが、
苦情のクラクションによって大きな事件に発展したケースも多く見受けられます。

「警笛鳴らせ」の標識のある場所、危険防止でやむを得ない場合以外では、道交法で使用を禁止されていることを認識しつつ、相手のこと、さらには周囲の人々のことも考えて使用するようにしましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!