ズバリ、事故に遭わないためには?

ニュースなどで交通事故の現場が放送されるたびに、 事故って怖いなーと思います。そこで教えてほしいのですが、 よくある交通事故のケースって、どんなものがありますか? 運転の際に気をつけて事故防止に役立てたいなと思いますので、よろしくお願いします!

(桜幕臣王)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

先日、三重県亀山市で起きた、マイクロバスと海上コンテナトレーラーが
出会い頭に衝突した事故について考えてみたいと思います。

この事故でマイクロバスに乗っていた6名が死亡し多数の負傷者が出ました。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、
負傷された方には心よりお見舞い申し上げます。

午前7時45分頃、バイパスとなっている国道1号線の上を立体交差する橋を走行して来た
マイクロバスと、国道1号線からの進入路の上り坂を登りきった海上コンテナトレーラーが
信号のない交差点で衝突した出会い頭事故でした。

報道によると、海上コンテナトレーラーの運転手は初めて通る道路で、
休憩できる場所を探しながら運転していたため、一時停止規制を見落として、
一時停止せずに交差点に進入したと供述しているようで、事故の原因は、
海上コンテナトレーラーの一時停止義務違反だったようです。

海上コンテナトレーラーのような巨大な車両が横から突っ込んで来たら、
どんな自動車に乗っていたとしても、ひとたまりもありません。

今回のマイクロバスも、左側面に衝突された弾みで、対向車線に吹き飛ばされ、
進行方向とは反対を向いて停止していました。

今回の事故は新聞やテレビの中だけのものではありません。

巨大な車両がいつ自分の車両の横へ突っ込んで来るのかわからないのです。

一時停止規制を見落として交差点にノーブレーキで進入してきた
トレーラーのドライバーが悪く、被害にあった自分は優先路だったから悪くない
といったことで納得できるはずはありません。

いくら自分の過失が少なくても、命を落としたり、重傷を負っては何もならないのです。

今回の事故は、国道1号線をまたぐ跨線橋(優先路)をマイクロバスが走行し、
一時停止規制を無視した海上コンテナトレーラーと出会い頭に衝突しました。

跨線橋の欄干で左前方の見通しが悪かったとしても、

(1)午前7時45分で天候は晴れだったこと
(2)海上コンテナトレーラーの走行していた道路の上り坂が緩やかだったこと
(3)海上コンテナは欄干よりはるかに背が高いこと

を考えれば、減速しないまま交差点に接近してくる海上コンテナの上部には、
努力をすれば何とか気づくことができた可能性があります。

現実の道路では、何が起こるのかは全くわかりません。

実際の運転中は、急いでいたり、つい考えごとをしてしまったりと、
常に100%集中して安全運転をすることは困難であることも事実です。

しかし、家で待っている家族のこと、目的地で待っている大切な人のこと、
同乗している家族や大切な人のことを考えると、何が何でも無事に目的地へ辿り着くことが
最も大切なことだと思います。

一時停止規制を守らずに交差点に進入してくる巨大車両が現実に存在していることを、
常に頭の片隅に置いてハンドルを握りましょう。

そして、事故を起こさないだけではなく、事故に遭わない運転を、
お互い心がけて行きましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!