バックする時、振り返っての目視は必須?

バックするときは、助手席に手をかけてうしろをふり返るように習います。しかし私は体が小さい上に固いため、この体勢では安定した運転がしにくいです。そこで3つのミラーを交互に見ながらゆっくりバックしていますが(高速バックはこわくてできません)、やはりうしろはじかに目視しないとダメなものでしょうか?

(icecake)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

最近では、車両の後部にカメラが付いていて、
ギアをバックに入れただけでカーナビの画面がカメラに切り替わり、
後方の状況がはっきりわかるという装備が出てきましたが、
今回はそのような装備のない車両について考えます。

後方を確認するミラーには、ルームミラー、左のドアミラー、右のドアミラーがあり、
バックをする際にこれらのミラーを使うことになりますが、
やはり、直接目視することも必要となります。

自動車教習所では、運転席と助手席の間から身体をひねって後方を確認する方法と、
ドアの窓を開け肘と顔を外に出して後方を確認する方法を習ったのではないでしょうか。

右ハンドルの場合、運転席と助手席の間から身体をひねって後方を確認する方法では、
右手でハンドルの上の部分を握って操作し、
ドアの窓を開け顔を外に出して後方を確認する方法では、
左手でハンドルの上の部分を握って操作することになります。

そして、状況に応じてこの2通りの後方確認を使い分けるように教わります。

質問者様の場合は、身体が小さく固いとのことで、
助手席に手をかけて後ろを振り返ると安定した運転がしにくいとのことですが、
無理に助手席に手をかける必要はなく、
肘を身体と運転席の背もたれとの間に入れて振り返ってみてはいかがでしょうか?

恐らく助手席に手をかけるよりかは楽ではないかと思われます。

ちなみに、私の場合はここ数年でお腹周りから背中にかけて脂肪が付き、
上半身をひねるという動作が辛くなってしまいました。

私のような場合は、助手席の後ろ側に手を掛けて強引に身体を後方に引っ張った方が、
身体をしっかりひねることができます。

ルームミラーだけを使う場合と、運転席と助手席の間から目視するのとでは、
後部ガラスを通して真後ろの見える範囲はあまり変わらないかもしれません。

しかしながら、ルームミラーでは映りきらない後部ガラスの左右の端や下の部分、
そしてさらに乗用車の場合には真後ろだけではなく、
後部座席の窓などからドアミラーでも映らない斜め後ろの状況まで確認できるため、
これから真後ろに進入してくる危険をも察知することができます。

この場合はもちろん、後部座席の同乗者に視界を遮られている場合には、
遠慮することなく協力を求めて、かがんだり左右に傾いてもらい、
しっかり視界を確保するようにしましょう。

また、ショッピングセンターの駐車場などでは、
駐車枠の後方に別の駐車枠が設けられており、しかも車輪止めがない場合には、
バックしすぎると後ろの駐車枠の車両にぶつけてしまうということがあります。

この場合にも、後ろの駐車車両の後部を確認するには、
ルームミラーやドアミラーでは距離感がつかみ難いので、
運転席と助手席の間から身体をひねる方法や、
窓から顔を出す方法によって目視をする必要が出てきます。

駐車場では、歩行者がいたるところから出てきます。

真後ろだけではなく、
これから真後ろに入って来る歩行者にも気をつけるためには目視が必要です。

できればミラーだけを使って、簡単にバックをしたいところですが、
小さな子供をはねてしまったり、後方の壁や車両にぶつけてしまっては、
目も当てられません。

バックの操作は長くても1分ほどです。

その1分くらいは辛い姿勢でも我慢しようではありませんか。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!