歩道をふさぐ車…

駐車場から道路に出ようとしている自動車が、なかなか出られずに歩道をふさぐような形で止まってしまい、歩行者や自転車が大渋滞してしまうという光景をよく見かけます。先日は運転手と歩行者が言い争いをしていました。そういう場合はドライバーのほうに非があるのでしょうか?

(ヨーク)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

ほとんどのドライバーは今回のような質問のような状況に陥った経験が
あるのではないでしょうか。
例えば―

コンビニの駐車場から車道へ出ようとしたとき…
ガソリンスタンドから車道へ出ようとしたとき…
信号のない交差点で狭い道路から幹線道路に入ろうとしたとき…
コインパーキングから車道へ出ようとしたとき…

そして、交通量によっては、なかなか車道へ進入できないという状況になります。

このような状況で、歩道を横切る際の規定が道路交通法第17条に規定されています。
道路交通法第17条第1項を要約しますと、
車両は歩道等と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならないが、
道路外の施設等に出入するためやむを得ない場合には
歩道等を横断するときは通行しても良い、となっています。
さらに道路交通法第17条第2項を要約しますと 
路外の施設等に出入するためやむを得ない場合に歩道等を横断するときは、
車両は歩道等に入る直前で一時停止し、
かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない、となっています。

つまり、道路外の施設等に出入りする際には歩道を通行しても良いのですが、
歩道に入る直前で一時停止し、歩行者の通行を妨げないようにしなければならないのです。

今回の質問に対する回答としましては、ドライバーの方に非があるという結論になります。

しかしながら、現実には様々な理由で車道の直前、つまり歩道上で立ち往生してしまい、
歩行者の通行を妨げている車両を見かけます。

(1)お店の看板やのぼりなどで左右の車道の状況が見えないために、
車道ギリギリまで出ざるを得ない場合があります。

(2)車道へ出られると判断したけれど、車道を走行して近づいてくる車両のスピードが
予想以上に速かったために、車道に出られず、そのまま立ち往生してしまうこともあります。

(3)また、(1)や(2)の理由がなくても、いつも車道の直前まで出て、
それから左右を確認しているドライバーもいます。

歩道を塞がれた歩行者は、立ち往生している車両が車道に出るのを待つか、
立ち往生をしている車両の前後を迂回して通過することになり、
歩行者としては迷惑な状況だと言えます。

(3)の運転は問題外としましても、(1)、(2)の理由で歩道を塞いでしまい、
歩行者に迷惑をかけた経験があるのではないでしょうか。

そういった状況をできるだけ回避するためにも、
道路交通法に定められているように歩道の直前で一時停止し、車道の状況を確認しつつ、
通過しそうな歩行者がいる場合には歩行者をやり過ごしましょう。
そして、歩道の手前からでは車道の見通しが悪い場合には、
立ち往生してしまうかもしれないことを想定して、やり過ごす歩行者の範囲を広めに取り、
それらの歩行者をやり過ごした後、車道の確認ができるところまで前進するべきでしょう。

また、歩道上で予想以上に長時間立ち往生してしまい、
歩行者の通行を妨げることになった場合には、
後退できるのであれば、後方の状況を十分に確認して
後退することもやむを得ないと思います。
しかし、この場合は、歩行者の厳しい視線に舞い上がって後方確認不足のまま後退して、
後方を通過していた歩行者と衝突したり、後続車両に逆突するという事故もありますので、
くれぐれも注意してください。

最後に後退もできない場合には、開き直って車内でふんぞり返るのではなく、
ドライバーに非があることを認識して、
迷惑している歩行者に少しでも謝罪の気持ちを表すように心がけるべきではないでしょうか。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!