夜間運転の基本はハイビーム?

最近、夜間運転の基本はハイビームと聞きました。恥ずかしながらまったく知りませんでした。対向車とすれ違う際にロービームに切り替えるということらしいのですが、そちらの方があたふたしてしまい運転に支障があるのではないかと思ってしまうのですが…。それでもやはり基本はハイビームを厳守すべきなのでしょうか?

(淳司)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

まず、道路交通法第52条を見てみましょう。

大胆に要約すると、第1項では、
「車両は、夜間、道路にあるときは、前照灯、車幅灯、
尾灯その他の灯火をつけなければならない。
トンネルや濃霧がかかっている場所やその他の場所で、
視界が悪く暗い場所を通行する場合は、夜間以外の時間であっても、同様とする」
となっています。

第2項では、
「車両が、夜間、他の車両等と行き違う場合や他の車両等の直後を進行する場合には、
他の車両の交通を妨げるおそれがあるときは、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等
灯火を操作しなければならない」
となっています。

さらに、道路運送車両保安基準32条の一部をかなり大胆に要約しますと、
第1項「自動車の前面には、走行用前照灯を備えなければならない」
第2項「走行用前照灯は、夜間に自動車の前方にある交通上の障害物を
     確認できるものでなければならない」
第4項「自動車の前面には、すれ違い用前照灯を備えなければならない」
第5項「すれ違い用前照灯は、夜間に自動車の前方にある交通上の障害物を確認でき、
     かつ、その照射光線が他の交通を妨げないものでなければならない」
となっています。

以上の条文を強引にまとめますと、
「通常の夜間や視界の悪い場所を走行する際のライトについては、
走行用前照灯(いわゆるハイビーム)での点灯を基本とし、
他の車両とすれ違う場合や他の車両の直後を走行する場合で、
他の車両の交通を妨げる恐れがあるときには、
すれ違い用前照灯(いわゆるロービーム)に切り替えたり、消灯しなければならない」
ということになります。

実際に周囲が暗く、しかも交通量の少ない道路では、
前方の歩行者、自転車、障害物等に気付くのが遅れがちになります。

そして、ロービームを使用していたために、照射距離が短く、
歩行者の発見が遅れて衝突してしまうという事故も多発しています。

また、被災地では街灯が消えたままになっている場所が多く、
ハイビームを使用しなければ危険な場所がさらに増えているように聞いています。

しかしながら、質問者様のご指摘のように、
ライトを切り替えることがハンドル操作に影響を及ぼすことは否めません。

運転操作に慣れたドライバーでもカーブなどハンドルを切っている最中で、
ライトを切り替えるとなると容易ではないでしょう。

ライトを切り替えるためにハンドル操作を誤ってもいけません。

ハイビームの使用義務の趣旨の趣旨である、
「前方の歩行者等を早めに発見すること」を念頭に置きつつ、
ライトの切り替えを最小限にするためにも、前の車両に続いて走行しているときや、
対向車が途切れない交通量の多い道路では、
基本的にロービーム固定で構わないと思います。

しかしその場合でも、前方の歩行者等に注意を払わなくて良いわけではありません。

視界が悪く、歩行者の発見が遅れそうな場所を先頭で走行する際は、スピードを落とし、
少しでも対向車が途切れたら、ハンドル操作に影響のない範囲で
ハイビームに切り替えるべきでしょう。

そして、周囲が暗く、交通量の少ない道路で、しかも先頭で走行する際だけは、
ライトを切り替える頻度は少ないと思いますので、
基本的にハイビームで走行するようにしましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!