譲ってくれた相手に対して、一番伝わるお礼の仕方を教えてください

運転免許取り立ての初心者マークなのですが、頻繁に車に乗ります。1週間のうち、高速道路だったり車1台しか通れないような狭い道を通ります。
そこで気になったのが、他の車に対するお礼の仕方です。
狭い道で対向車と行き交うときに、こちらが通過するのを対向車が待っていてくれたり、駐車場から一般道へ入るときに前方を譲ってくれたりした際、ウィンカーやクラクションだったり、お辞儀をしてお礼をするのがマナーだと母から教わりました。
危険じゃない範囲で実行しようと思うのですが、お礼の仕方やタイミングがいまいち理解できておらず、それに必死で前方不注意になってちょっと危険だったりします。
運転初心者なもので、どのようなシチュエーションでどのお礼の仕方が一番安全で相手にも伝わるか、アドバイスいただけましたら幸いです。

(ALPACA)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

強引に割り込んで譲らせたり、意地でも譲らない運転をしていたら、
気持ち良く運転することはできないでしょう。

気持ち良く運転するためには、道を譲ったり、譲ってもらうことは欠かせません。

そして、いざ道を譲ってもらった場合に、感謝の気持ちを表しているでしょうか?

なかなか道を譲ってくれない状況で譲ってくれるドライバーが出現すると、
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりますが、
意外とあっさりと譲ってくれるドライバーが出現すると、感謝の気持ちが
少なくなっていないでしょうか?

どんな状況であれ、道を譲ってもらって助かったと思えたら、可能な限り
感謝の気持ちを伝えるようにしたいものです。

そこで質問者様のように、どのようなタイミングでどのようにお礼をするのか、
という疑問が発生します。

狭い道でのすれ違いで対向車が譲ってくれた場合、お礼をするタイミングとしては、
狭い部分に進入するときとすれ違う直前の2回が良いと思います。

すれ違う直前は、お互い最も接近するので表情や仕草がくわかりますから、
最適なタイミングです。

譲ってくれたドライバーに、譲ってもらったその瞬間にお礼をするのも
大事なタイミングです。

なぜなら、道を譲ったことのあるドライバーなら経験があると思いますが、
道を譲ったことに気づいてもらえないともどかしくなり、
さらには譲るのをやめてしまうという事実です。

実はこの譲るのをやめた瞬間に、事故やトラブルが発生してしまうことが
少なくありません。

最初にお礼をしていれば、たとえ運転操作が遅れたとしてもそのまま譲り続けて
くれますので、事故やトラブルには発展しません。

譲ったドライバーにとって、何度もお礼をされて不快に感じることは
まずありませんから、回数にこだわらず何度でもお礼をする気持ちでいましょう。

続いてお礼の方法です。

最も多いのは手を挙げる方法ですが、ハンドル操作をしながらでは運転に支障がある
という場合には、大きく首を動かしてお辞儀をすると伝わるのではないでしょうか。

そして、できるだけ表情にも感情を込めるべきだと思います。

譲ってくれたドライバーに申し訳ないという気持ちになれば申し訳なさそうに、
譲ってもらって嬉しかったのであれば、笑顔で感謝を表しましょう。

意外と車両間の運転席のドライバーの表情は見えているものです。
手を挙げていても運転席でふんぞり返っていたり、携帯電話をしながら大笑い
していたら、譲ったドライバーがあまりにも気の毒です。

また、クラクションを鳴らすという方法もありますが、賛否分かれるところです。

私は近隣の事情などを考慮し、可能な限り使用を控えた方が良いと思います。

次に駐車場などから道路へ左折で進入する際に譲ってもらう場合ですが、
この場合もすれ違いと同じだと思います。

通常は信号などで停止した際に、前の車両との車間距離を広く取って
停止してくれることが多いのですが、譲ってもらって道路に進入する直前に
一度お礼をし、運転席が完全に道路に入った時点でもう一度お礼をすれば
気持ちが伝わるのではないでしょうか。

すれ違いの場合と異なり、道路への進入を譲ってもらった場合は、
その後しばらくの間、譲ってくれたドライバーと前後になって走行することに
なりますので、その後のお互いの運転に悪影響を及ぼさないためにも、必ずしっかり
お礼をしておきたいところです。

また私見ですが、余裕があれば道路に入って走行状態になった時点でハザードランプを
2〜3回点灯させると、さらに感謝の気持ちが伝わるように思います。

ハザードランプの使用には賛否ありますが、
ハンドル操作をしながら道路に進入する際にしっかりお礼ができなかった場合など、
譲った側のドライバーの気持ちを考えると、あった方が良いのではないかと
私は考えていますが、ここは読者のご判断にお任せいたします。

道を譲ってもらって助かったという気持ちは、
譲ってくれたドライバーにできるだけ伝えるべきですし、
反対に時間にゆとりのあるときには、できるだけ道を譲ってお返しをしてあげましょう。

そうずれば巡り巡って、道を譲ってほしい究極の場面で
すぐに譲ってくれるドライバーが出現してくれるはずですよ。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!