対向車線を走って交差点を右左折するクルマ

渋滞中に対向車線を走って先の交差点を右折や左折するクルマをよく見かけます。
交差点まで渋滞の列に真面目に並んでいる者としては順番抜かしをされて腹が立ちます。
やらなきゃ損みたいな風潮がありますが、いかがなものでしょうか?

(まさ)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

渋滞に巻き込まれると、焦りやイライラが募り、ちょっとでも時間を短縮できることを
考えてしまいます。

左折や右折をする予定の交差点まであと少しというところで、渋滞の列が進まず
右左折できないという状況を経験したことがあるのではないでしょうか。

そこで我慢できずに、対向車線へ出てしばらく逆走してから
交差点を右折する車両をよく見かけます。

信号交差点手前の右折レーンまで対向車線を逆走する車両もよく見かけます。

対向車線を逆走した後、狭い交差点で渋滞の車両が広めに車間距離を取って
停止しているのを利用して、左折までする車両も見かけます。

いつも渋滞している場所でも、渋滞中に心安らかにハンドルを握っているドライバーは
ごく少数だと思います。

それが普段渋滞しない場所なら尚更、ほとんどのドライバーが
通常の精神状態ではないでしょう。

通常は数回の信号サイクルで、右左折する予定の交差点まで到達できるはずです。

対向車を驚かせたり、順番を守って渋滞の列に並んでいるドライバーの気持ちを
逆なでしたり、同じ運転を真似するドライバーを増やすような逆走はやめましょう。


実際に、次のようなトラブルや事故が発生しています。

対向車と鉢合わせになってしまいトラブルになった・・・

対向車線に出たところで対向車と正面衝突した・・・

道路左側の狭い交差点や、店舗駐車場から右折をして対向車線に出ようとした車両と
対向車線上で出会い頭に衝突した・・・

渋滞の列が少し前進し、ちょうど交差点に到達した車両が右折を始めたため、
対向車線上で衝突した・・・

渋滞の車両の隙間から横断しようとした歩行者や自転車と出会い頭に衝突した・・・


対向車線を走行するという逆走行為は、周囲のドライバーや歩行者にとっては
想定していない走行方法ですので、事故を誘発しやすい運転方法だと言えます。

ほんの数分の時間短縮のためにしたことで、事故やトラブルのために莫大な時間を
費やすことになってしまうことがありますし、歩行者や自転車との事故では
一生を台無しにしてしまうことにもなりかねません。

ボディに会社の看板が貼ってある車両だと、偶然近くに居合わせた取引先が見ていると、
取引を停止されるかもしれません。

そう考えると、予期せぬ渋滞に遭遇しても、ほんの数分を稼ぐために
対向車線を逆走するのは、あまりにもリスクが高いと言えます。

反対に、そのような運転をする車両との事故を避けるために、渋滞中は
想定外の運転をするドライバーが多くなることを認識しましょう。

狭い交差点や店舗駐車場から、渋滞車両の列の隙間を抜けて右折する場合や、
渋滞の列が進み、予定していた交差点で右折をする場合は、対向車線を
逆走している車両に注意するようにしましょう。

ルールを守って渋滞列に並んでいるドライバーとして胸を張って運転し、
ルール違反をしているドライバーに心を乱されず、気持ちよく運転したいものですね。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!