左折時に「キープレフト」をしていない車が多すぎる

最近、交差点や駐車場の入口で大回りする車をよく見かけます。
私が教習所に通っていた頃は、口すっぱく「キープレフト」と言われました。
しっかりと交差点の手前で左に寄っておかないと、二輪車の巻き込み事故に繋がる確率も上がると思いますし、一旦ハンドルを右に切ってから左折する車もあり、直進車線にハミ出てきて危険を感じたことも二度や三度ではありません。
最近の教習所では、「キープレフト」を教えなくなったのでしょうか?

(ぶうすか。)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

以前にも同様の質問にお答えしましたが、
やはり事故が増加傾向にあるので取り上げました。

質問者様のご指摘通り、左折の方法は道路交通法によって規定されています。

道路交通法34条1項
車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、
かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が
指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

交差点が鋭角であったり、左折先の道路幅が狭いため、やむを得ず大回りしなければ
左折ができないといった場合以外は、上記規定に則って運転しなければなりません。

しかしながら、交差点に近づくにつれ右側に膨らむ車両をよく見かけます。

場合によっては、大型トラック以上に右に膨らんでいる乗用車を
見かけることがあります。

そして何より問題なのが、右に膨らんでいるドライバーのほとんどが無意識の
うちにハンドルを操作しているということです。

実際に発生した事故でも、走行車線を走行しているドライバーが左折をする際に
右に膨らみ、追越車線を走行している車両と接触したところ、当初何が原因で
接触したのかわからず、衝突地点が追越車線内であることを示されて初めて、
大回りしていたことに気づくというケースが多いのです。

まずは、自分の左折方法をチェックしてみましょう。

自分ではできないという方は、同乗者にチェックしてもらいましょう。

左折する交差点に近づくにつれ、上体が少し右側に傾いたり、微妙にハンドル
を右に切ったりしていないでしょうか?

右に膨らんでしまう原因として、
以下の危険を回避しようとしていることが挙げられます。

(1)内輪差によって左側のガードレールや段差のある歩道への接触の危険

(2)左折後に大回りとなるセンターラインオーバーの危険

これらの危険を感じる場合、
左折の際のスピードに技術がついて行けていない可能性があります。

ですから、先ほどの道路交通法の最後に記載されているように徐行しなければならず、
通常は減速を十分に行うことで解消されます。

左折方法としては、以下のような運転を心がけてはいかがでしょうか。

(1)バイクや自転車の巻き込み事故を防止するために、あらかじめ道路の
   左側に寄せます。

(2)左側に寄せた状態を、強い意思でキープし続けます。

(3)歩道を通行している自転車や歩行者の巻き込みを確認するためにも、
   左折時には十分な減速をして、素早いハンドル操作で左折を行う。

反対に、追越車線を走行している際には、左折しようとしている車両が追越車線に
はみ出してくる可能性があります。

左折車両の横を通過する際は、特に注意するようにしましょう。

また、左折車両の後続車両が追い越そうとして、左折車両の右側スレスレを
走行しているのを見かけます。

左折車両が右側へ膨らむことを想定し、無理な追い越しは避けるようにしましょう。

以前取り上げた内容も参考にしてください。


『上手に左折するコツを教えて! 』
『左折時に右に膨らむ車が多くてヒヤッとする』

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!