事故で無傷の場合、とるべき行動とは何でしょうか?

先日単独事故で横転しているクルマが道路を塞いでいたために大渋滞になっている自動車専用道路を通りました。
いつもなら10分で通れる場所ですが、渋滞で1時間以上も掛かりました。
そして事故の現場を通るときに見たのが、横転しているクルマに乗っていたと思われる若い男性4人組がガードレールに腰掛けて談笑している姿でした。
まだ警察も到着していないようでした。
横転したのに4人とも無事だったのは良かったのですが、大渋滞を巻き起こしておきながら、他人事のように笑っている姿に腹が立ちました。

(ルパン)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

今回の投稿についてはまず、事故が発生した際に行わなければならない点について
考えたいと思います。

事故を起こしてしまった場合の対応とその順番は以下のようになります。

(1)停車及び被害状況の確認

(2)負傷者の救護

(3)道路における危険防止措置

(4)警察への報告


まず(1)「停車及び被害状況の確認」ですが、衝撃を感じたり自車両の衝撃音を
聞いた際には、まず停車をして被害状況の確認をしましょう。

電柱に立てかけられた看板に接触したと思ってそのまま走行し続けたところ、実は
歩行者と衝突し、ひき逃げ事故になったという事件もあります。

何かに接触したと感じたらまず停車し、自車両も含めて被害状況の確認をしましょう。


次に負傷者がいれば、(2)「負傷者の救護」です。

「被害者」ではありません。

「負傷者」です。

「加害者」であっても負傷していれば「負傷者」です。

例えば、赤信号を無視して突っ込んできたクルマの運転手(加害者)が大ケガをし、
青信号を守って走行していた運転手(被害者)が無傷だった場合、被害者は
負傷者である加害者を救護しなければなりません。

そしてこの救護にはもちろん、救急車を呼ぶことも含まれます。


その次に、(3)「道路における危険防止措置」です。

引き続き事故が発生しないように、動かせる場合には損壊した車両や部品を道路の端へ
寄せ、動かなせない場合には発炎筒や三角表示板等を設置して、接近する車両に
障害物があることを知らせなければなりません。


最後に、(4)「警察への報告」です。

質問者様が遭遇された場面は、(3)「道路における危険防止措置」のところに
なります。

片側1車線の道路なら対面交互通行になっていたでしょうし、片側2車線でも1車線に
合流することになっていたでしょう。

非常に危険な状況になっていたはずです。

横転車両を動かすことは難しいでしょうから、危険防止措置を講ずるために
他の通行車両の誘導を行うべきだったでしょう。


実際の交通事故現場では、質問者様のような大渋滞にならなくても、その現場を
通行する車両には何らかの影響を及ぼします。

しかしながら、残念なことに当事者が笑いながら携帯電話をしていたり、歩道の段差に
腰掛けて喫煙している姿を見かけることがあります。

また事故処理の後、散乱した部品を全く拾おうともせずに現場を立ち去る当事者も
見かけます。

事故を起こしてしまうとショックを受けてしまい、頭が真っ白になりますので、完璧な
対応を求めることは難しいかもしれません。

笑いながら談笑できるくらい落ち着いているのであれば、周囲への影響も少しは考えて
行動したいものですね。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!