バックランプが消えてもバックしてくる車・・・

先日コンビニの駐車場で、バックをしてくるクルマにひかれそうになりました。
バックランプが消えても勢いはそのままバックして来たため、恐怖を覚えました。
このような運転はいかがなものでしょうか?

(テンテン)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

Mt.Obiさんの答え

自動車でバックをするのは、バックモニターの付いている車両でも、十分な視界が
確保されているわけではありませんので注意が必要です。
バックモニターの付いていない自動車ならなおさら後方の視界が悪く注意が
必要となります。

最近では、駐車枠に前向きに駐車したためバックで駐車枠から出る際に、
後方に十分なスペースがある場合など、一気にバックをしてバックの途中でギアを
Dレンジに入れてアクセルを踏み込んで前進していく車両を見かけます。

後方に何の危険もなければ、わずかな時間でも短縮できるので、このような運転でも
問題ないのかしれません。

しかしながら、別の車両が近づいてきていたとか、歩行者がいたとか、直接目視での
視界やモニターでは見えない部分にどのような危険が潜んでいるのかわかりません。

特に、駐車枠からバックで出ようとする場合には真っ直ぐバックすることは少なく、
ハンドルを左か右に切りながらバックをするのが普通ですので、
真後ろを確認するだけでは十分とは言えません。

また、バックの途中でDレンジにギアを切り替え、アクセルを踏み込むドライバーの
大半は、Dレンジにギアを入れた瞬間、後方確認をやめて前方に視線を移しています。

ドライバーが前方に視線を移した後も、まだ車両はバックをしているのも
かかわらずです。


もの凄いバックの勢いで突っ込んで来た車両に跳ね飛ばされた歩行者の話を
聞いたことがありますが、質問者様が書かれているように恐怖を覚えたそうです。

また、曲がりながら近づいてくるので、どこへ逃げて良いのかわからなかったそうです。

ドライバーに存在を気づいてもらえていない歩行者にとっては、自ら逃げるしか
ありませんが、真っ直ぐバックしていなければ逃げる方向も判断がつきません。


急いでいる時など、勢いよくバックしたい気持ちもわかりますが、前進するときとは
状況が違い過ぎるのです。
ましてや、惰性でバックしている状況では何があってもおかしくありません。
しっかりブレーキを踏んで、完全に停止してからDレンジにギアを切り替えて
前進するようにしましょう。


車両をバックさせる運転は多くの危険を伴いますので、必要最小限に留めるのが
ベストではないでしょうか。

必要以上にバックしたためにブロックに接触した・・・

必要以上にバックしたために側溝に脱輪した・・・

必要以上にバックしたために近くの車両に接触した・・・

経験したことのある人は私を含めてたくさんいると思います。

そして、自己嫌悪に陥ったことのある人も私を含めたくさんいると思います。
そんな経験や自己嫌悪に陥らないためにも、まずは、最小限のバックに留めるようにし、
バックが終わるまで後方確認を続けるようにしましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「モテる運転」相手の心をつかむドライブテクニック

デートの定番と言えばドライブ!家族でお買い物と言えば車で!助手席の大切な人の顔を引きつらせるような運転をしていませんか?思いやりのある【モテる運転】を一緒に考えていきましょう!