追越し違反に納得できない!

先日、高速道路の登板車線を80Km/hくらいで走行中、たまたま多少の渋滞中で走 行車線が少々遅めの流れでした。走行車線にパトカーが見えたのですが、当方は 全く気にせずに、そのまま走行してパトカーを抜きました。そのとたん、赤色灯 がともり、交通違反で切符を切られました。警官の説明では、「追越し違反」と のことで、さらに登板車線は制限速度が60Km/hとのことでした。私はそのことは 全く知らず、なんとも理解しがたい違反指摘でしたが本当ですか?

(田中)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

ミドリのおじさんの答え

「追越し違反」は、違反数のトップ8に含まれる違反です。
参考:「12.最もやっ てしまいがちな違反は?

でも、追越し違反の「追越し」とはどういう行為をいうのでしょうか?

道路交通法第2条1項21号に、
「車両が他の車両に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた 車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方へ出る事をいう」
と規定されています。

つまりこの法律では、追越しをしようとする車両が
・前車に追い付く
・その進路を変える
・追い付いた車両の側方を通過する
・当該車両の前方に出る
という4つの行動をした時点で、追越しが成立するとしているのです。


では、上記4つの条件を細かく見ていきましょう。

まず、「前車に追い付く」とは、
前車の後方同一車線上の安全な追随距離(車間距離)になることを言います。

「その進路を変える」とは、追い付いた後、
前車の側方に進路を変更することです。

また「側方を通過」とは、前車のとなりを走行することです。
「左右いずれか」が規定されていないため、
左側を通過した場合でも、この条件に当てはまります。

しかし、「道路交通法第28条1項」にも追越しの方法が定められていて、
「車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両 (前車)の右側を通行しなければならない」
としています。

ですから、追越しを禁止していない場所でも、
前車の左側を通って追い越せば、追越し違反となるのです。
(前車が交差点または路外へ右折のため、道路中央に寄って通行しているときを除く)

そして最後に「当該車両の前方に出る」とは、
追い越された車両の同一車線上の前に、進路を変えて出ることをいいます。

でも、違反の検挙においては、
厳密に上記規定の内容に従っての取締りは行われていないようです。

たとえば、「当該車両の前方に出る」などは、
「側方を通過」の時点で検挙しています。

状況により「当該車両の前方に出る」ことが確実であり、
「放置すれば、より危険な状態になると予測できる」として、
事前に検挙するとされているようです。


ご質問頂いた「高速道路で、走行車線走行車を、登坂車線走行車が追い越した場 合は違反となるか?」についてですが、もともと走行車線が違うのですから、追 越しの4要素の「前車に追い付く」「進路を変える」「当該車両の前方に出る」 の3要素が欠落していることになります。

当然「追越し」とはならず、違反にはならないと考えます。

また、速度違反においても、パトカーでの被疑車両の速度計測は、
同一車線上を追尾して計測しなければなりません。

速度違反での検挙も出来ないはずです。

詳しくは私のサイト、 「必見!道路交通法の裏を読む」をご覧ください。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「THE道交法」自動車運転免許証を持っていますか!

「徐行って時速何kmのこと?」知っているようで知らない「道交法」あなたも一緒に勉強しませんか!