駐車禁止場所でも、5分以内なら駐車違反にならない?

駐車違反の取り締まりが厳しくなってから、ほんのちょっとの駐車でもコインパーキングを使うようになりました。しかし友人が、「5分ぐらいなら違反じゃないよ?」と言うのです。これって本当ですか?ちゃんとしたルールを知りたいです。教えてください。

(ろーとん)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

ミドリのおじさんの答え

道路交通法では、「駐車」を次のように定義しています。

道路交通法第2条1項18号 駐車とは
「車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く)、または車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう」

もう少しわかりやすく説明すると、
・客待ち、荷待ち、貨物の積み降ろし、故障などの理由による継続的な停止状態(ただし、荷物の積み下ろしで、「5分以内、また人の乗降のための停止」は駐車ではない
・車両を停止して、運転者が車両から離れ、直ちに運転できない状態のことを、駐車しているということになります。

ですから、荷物の積み下ろしでの5分以内であっても、
運転者が車両から離れて直ちに運転できない場合には駐車となり、駐車違反を問われます。

また、交通渋滞や赤信号などでの停止は、停車とされ駐車となりません。

今までの取り締まりでは、「同一場所において、運転者が車両を離れ、
直ちに運転できない状態で5分を超えたら駐車違反を取る」という方向であったようです。

しかし今は「違反取り締りに公正を期す」こととして、「運転者が車両を離れ直ちに運転できない状態にある」と認められれば、法令の通り、時間に関係なく取り締りが行われています。

駐車となる条件として「運転者がその自動車を離れ、直ちに運転できない状態」というものがありますが、「いったいどういう状態を指しているのか?」という疑問が湧いてきますよね。

裁判では、
・タバコ屋の前の路上に、エンジンを停止して停車しタバコを買う行為は、直ちに運転できる状態と認める
・道路左端にエンジンをかけたまま停車して、反対側7mのところで通行人に道を聞く行為は直ちに運転できる状態と認める
・公衆電話ボックスの前に、エンジンをかけたまま停車し、3m離れたボックスに入ってドアを閉め電話帳で電話番号を調べている行為は、直ちに運転できる状態ではないと認める
という前例があります。

これらの判例から見て
・エンジンを停止したか否か
・自動車からどれだけ離れたか
が問われているのではなく、あくまでも「直ちに運転できる状態か否か」が客観的に問われていることとなります。

この「直ちに運転できる状態か否か」の見解の相違で対立した場合、
その立証義務があなたにあるとなると、大変に難しいことになります。

やむを得ず少しの間だけクルマをとめる場合には、
誰が見ても「直ちに運転できる状態」のキープを心がけましょう。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
「THE道交法」自動車運転免許証を持っていますか!

「徐行って時速何kmのこと?」知っているようで知らない「道交法」あなたも一緒に勉強しませんか!