タイヤのワックスはタイヤに悪影響があるって本当?

タイヤのワックスはタイヤに悪影響があるのでワックスはしないほうがよいと聞きましたが、本当でしょうか。ちなみに私はムース泡状のタイプのタイヤワックスを使用しております。

(能登一樹)
運転マナーの達人Mt.ObiさんMt.Obiさん
交通規則の達人ミドリのおじさんミドリのおじさん
洗車の達人カーズさんカーズさん
メンテナンスの達人miyaDさんmiyaDさん

カーズさんの答え

タイヤを磨き上げ、タイヤワックスをかけると車のディティールは全体的にシャープに
なり、その車の持つシルエットを強調するのに役立ちます。

多くの方が洗車後市販のタイヤワックスを使用しているのではないでしょうか?

このように見た目に大きく貢献するタイヤワックスですがご指摘の通り使用する
タイヤワックスによっては、悪影響があることは事実です。

これがどういうことなのか、タイヤの成分とタイヤワックスの成分を比較しながら
見ていくことにしましょう。

現在流通する自家用車用タイヤの成分は、大まかに言って
ゴム・補強剤(カーボンブラック)・架橋剤・オイル劣化防止剤(おもに紫外線防止剤)・
ワイヤーなどでできており、ワイヤーなど金属を除くこれらの配合やバランスのことを
コンパウンドと呼びます。

例えば独自のシリカなどを配合した場合、シリカコンパウンドなどと呼び、配合は勿論、
できあがったゴム部そのものをコンパウンドと呼ぶこともあります。

すこし話がそれたように感じますが、タイヤのおおまかな成分はこんな感じです。


一方、一般的なタイヤワックスは有機化合物からできています。
つまり単純に言えば油ということになりますが、この油は比較的紫外線の影響を
受けやすく、劣化のスピードが速いのが特徴です。


タイヤにタイヤワックスを塗ると、タイヤ表面に塗られたタイヤワックスが
劣化を始めます。一方有機化合物は物質への浸透性能をもっており、タイヤなど
多孔質なものへは、より浸透しやすいと考えられます。

タイヤワックスが劣化をはじめ、雨風などで流れ出ていく時に、タイヤにそもそもある
紫外線防止剤なども一緒に流れ出ていってしまいます。

つまり、タイヤがそもそも持っている保護成分を一緒に流していってしまうという
現象が、タイヤワックスには在るということです。


これが、タイヤワックスがタイヤに悪影響を与えるおおまかな流れです。


では、こういった悪影響があるからタイヤワックスは使わないほうがいいのか、という
ことですが、私自身は一概にそうは思いません。

第一に、タイヤワックスを使用したからといって極端に性能の劣化が起こるわけでは
ありません。

タイヤの基本的な劣化は、やはり走行距離によって変わってくるからです。
上記の影響が最も大きく出るケースとしては、車は月1回しか乗らないケースなど
置きっぱなしの場合などは、その影響は否めないと思いますが、車に限って言えば
きれいにしていればしているほどキズつけられにくいという副次的な傾向はありますし、
洗車などで車体やタイヤホイールを触ることで、小さな異変にすぐに気がつくことが
できます。

最近は、タイヤワックスにも油分の少ない水性ベースのものや、タイヤワックスそのもの
に紫外線防止剤が配合されているものもあります。

商品表示をよく見てご使用いただければと思います。

ちなみに、私は液状の水性タイヤワックスを使用しています。
雨などですぐに流れてしまいますが、タイヤへの影響は最小限に抑えられます。
また、ムース上やスプレータイプのものは使いません。増粘剤やガスは、そのものが
有機化合物ですから。

メーカーサイドは、「使いやすい」「簡単」などというフレーズで商品を押し出して
くることが多いですが、成分を含む中身を見ないで購入、使用する事は自殺行為に
等しいです。タイヤワックスに限らず「簡単」や「塗るだけ」などというフレーズが
ついたものにはご注意ください。

  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!

トラックバック

トラックバックはまだありません。

この記事に対するTrackBackのURL

コメント

コメントはまだありません。

name
E-mail
URL
画像のアルファベット
comment
Cookieに登録

※コメントは管理者の承認後に表示されます。

お悩み募集中!
今週の達人のメールマガジン
洗車テクニックメルマガ「洗車のツボ」

まさか1年間で3回しか洗っていないのにこの光沢。そんな車があるなんて…。(その車は発行WEBサイトにて)。普通の材料を使ってあなたの愛車を最強にする禁断の短時間洗車法の秘密を惜しみなく伝授いたします。