92 気になるクルマはハイオク仕様

ぼく、亀井タケノリは、初めてのマイカー購入のため、
クミコとマサノリを連れて中古車販売店に来ている。
クミコとの楽しいドライブのためにも、なんとしてもいいクルマを探さなくては。

ボクは今、また気になるクルマを見つけたところだ。
値段も手頃だし状態もなかなか。
しかし、マサノリが気になることを言い出した。

「タケノリ、このクルマってハイオク仕様車だぞ」

「えっ、ハイオク?」

「レギュラーガソリンのクルマより維持費かかるけどいいのか?」

できれば買った後にはあまりお金をかけたくないのだが…。

「あのさ、このクルマにレギュラー入れたらダメなの?」

「どうだろう。俺はやったことないからわからないなー」

そう言いながら彼はボクのお目当てのクルマのボンネットをなでる。

「そっか…。ガス代は節約したいけど、このクルマ気に入っちゃったんだよね」

「なるほど、そうでガスか」

…こんなダジャレ堂々と言えるのは、彼と木久扇師匠くらいだろう。


気になるクルマはハイオク仕様車だった。維持費がかかるので、
レギュラーガソリンでも大丈夫ってことなら購入したいのだが…。

こんなときボクはどうすれば良いのだろうか?

さてここは…。

亀井タケノリ
亀井タケノリ
主人公。普段は気弱だが、ムキになると人格が変わる悪癖を見せる。
クミコ
クミコ
タケノリの彼女。車に関してはまったくの素人。かなりの格闘技通。
マサノリ
マサノリ
タケノリの友人。車に関する知識は豊富だが、いかせん空気が読めない。
  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!
なぜあなたは程度のよい中古車が買えないのか?事故車でだまさ れない方法とは?
プロはどうやってメーター改ざんを見破るのか?
中古車を劇的に安く買う裏技とは。プロが教える中古車情報満載です。