95 気になるクルマは即契約するべき?

ぼく、亀井タケノリは、初めてのマイカー購入のため、
クミコとマサノリを連れて中古車販売店に来ている。
クミコとの楽しいドライブのためにも、なんとしてもいいクルマを探さなくては。


ボクは今、また気になるクルマを見つけたところだ。
値段も手頃だし状態もなかなか。

「これはいいクルマだな。かなりお買い得だと思うぞ」

マサノリも太鼓判を押してくれた。しかし…。

「もうさっさと契約しちゃえよ。いつ売れちゃうかわかんないんだから」

「うん…。でも、もうちょっと他のクルマも見たい気も…」

もっといいクルマがあるんじゃないか。
そんなことを思ってしまうのだ。

「そんなこと言ってるから、いつまでたっても決まらないんだよ」

「でも、契約してからやっぱ他のクルマにするってことになったら、
キャンセル料とかかかってくるんだろ?」

できれば極力余計なお金は使いたくない。

「まぁ離婚や不倫の慰謝料に比べたら安いもんだとは思うぞ」

…確かにゼロが2、3個以上違ってくるだろう。


かなり気に入ったクルマを見つけることができたのだが、
マサノリの言うように早く契約してしまうべきなんだろうか?

さてここは…。

亀井タケノリ
亀井タケノリ
主人公。普段は気弱だが、ムキになると人格が変わる悪癖を見せる。
クミコ
クミコ
タケノリの彼女。車に関してはまったくの素人。かなりの格闘技通。
マサノリ
マサノリ
タケノリの友人。車に関する知識は豊富だが、いかせん空気が読めない。
  • はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlブックマーク数
  • [clip!]この記事をクリップ!
なぜあなたは程度のよい中古車が買えないのか?事故車でだまさ れない方法とは?
プロはどうやってメーター改ざんを見破るのか?
中古車を劇的に安く買う裏技とは。プロが教える中古車情報満載です。